オリジナル詩其の壱「かけがえのない友達」

自分という小さな殻に眠っていた弱くて惨めだった私。
一人ぼっちで悲しみを抱えていた私。
その時私の目に光が射した。
貴方が居たから私は強くなれた。
悲しい時は励ましてくれる「友達」。
嬉しい時は共に手を取り合って喜んでくれる「友達」。
苦しい時も、辛い時も、笑顔絶やさずにいた。笑顔はふたりの絆を深めてくれる「薬」なんだ。
どんなときも手をつないで、未来への階段を上っていった私たち。
これからもずっと、「かけがえのない友達」でいようね。


いや~「心が温まる」というリクエストに全く応えられてませんね(^_^;)これに懲りずにまた詩のリクエスト待ってます♪♪

| | コメント (3)

オリジナル詩其の四「勝ち負けなんて」

最後の運動会。
私の組は、負けてしまった。
でも、悔しくなんかない。
負け惜しみなんかじゃなくて、本当に。
私なりに頑張れたから。
白組は負けてしまったけど、勝ちたいという気持ちを持ちながら戦った一人一人の姿。汗。
それは、勝ち負けなんかでは区切る事の出来ないもの。
協力して戦った今年の運動会。
得た物はたくさんありました。
来年、私たちは卒業してしまうけど、
下級生の皆に、私たちの気持ちを受け継いでもらいたい。

((あとがき))
最後の運動会、2日延長になり、今日はお天気に恵まれ良かったですね♪♪私たち白組は惜しくも優勝は逃してしまいましたがとても楽しく、思い出に残る運動会となりました。(特によさこいソーラン)

| | コメント (0)

オリジナル小説其の参「rainy day」

窓の外を見ると、雨。
空が灰色に染まり、外には風が吹く。
こんな日は部屋で何しよう。
そうだ、窓の外を眺めながら、空が晴れるのをじっと待とう。
そして、晴れたらめいっぱい外で遊ぼう。

((あとがき))
詩を2本立てで更新しました!昨日も今日も雨で運動会が延期・・・最悪だな~と思いながら雨を憎みました・・・が、前向きに考えるとこの詩のような気持ちになりました。
ご要望お待ちしておりますよ♪♪

| | コメント (0)

オリジナル詩其の弐「私は私・・・」

周りの友達はみんな同じ。
でも、私だけは違う。
だからって何が悪いのだろう。
私は私らしくしていればそれでいいんだ。
そして、貴方は貴方らしくしていればいいんだ。
周りにばかり合わせ、自分を見失う。
その方が、私は悲しい。
人それぞれの考え方。
人それぞれの物の見方。
違うかもしれない。もしかすると同じかもしれない。
でも、1つだけ言えること。
この世界には、同じ人間なんていないんだ。
似ていたとしても、それは「似ている」だけ。
だから、自分を捨てないで。
自分らしさを、もっと見せようよ・・・。

((あとがき))
この間、国語の授業中に、私の考えだけがほかの38人(かな?)と違って少し心細かったんです。でも、よくよく考えたら「みんなと違ったって私は私なんだからいいじゃん!」と思いました。それで、こんな「リクエストにない詩」を作っちゃいました♪♪

| | コメント (0)

オリジナル詩其の壱「かけがえのない友達」

自分という小さな殻に眠っていた弱くて惨めだった私。
一人ぼっちで悲しみを抱えていた私。
その時私の目に光が射した。
貴方が居たから私は強くなれた。
悲しい時は励ましてくれる「友達」。
嬉しい時は共に手を取り合って喜んでくれる「友達」。
苦しい時も、辛い時も、笑顔絶やさずにいた。笑顔はふたりの絆を深めてくれる「薬」なんだ。
どんなときも手をつないで、未来への階段を上っていった私たち。
これからもずっと、「かけがえのない友達」でいようね。


いや~「心が温まる」というリクエストに全く応えられてませんね(^_^;)これに懲りずにまた詩のリクエスト待ってます♪♪

| | コメント (0)